看護師に目を向けてみる事の必要性

医療従事者はそれぞれが特別な専門性を持っていて、職能に応じた働きをしています。その仕事に関して自分の右に出るものはいないと言う意識を持っている人も多く、自分がいるからこそ医療が成り立っているのだと言う自負を持って働いている事でしょう。専門性が高いからこそ、自分の仕事に集中してしまいがちなのが医療従事者の特徴ですが、それが仕事の効率を低下させてしまっている場合がある事を留意しておく必要があります。毎日仕事が多くて大変な思いをしているのであれば、そもそも自分が自分の仕事しかしていないのが原因であると考えてみる事が大切です。

本当にそうだろうかと言う疑問を持ったら、職場に尊敬できる女性が周りにいないかを考えてみましょう。この人がいなかったら、自分は仕事はできないのではないかと言う女性が見付かるはずです。ほとんどの医療従事者は、看護師のサポートがなくては効率的に働けない状況になっています。看護師は女性が働いている事が多く、男性の医療従事者からすると看護師を下に見てしまっている人すらいるのが実情です。

自分の仕事の周辺を一通りサポートをしてくれているからこそ、自分は自分の仕事に集中できるようになっていると気付くと、看護師の重要性が分かるでしょう。看護師を大切にする姿勢を持つと、自然に看護師からのサポートも手厚くなってくるはずです。するとますます自分が本来行うべき専門の仕事が行いやすくなり、仕事が捗って残業もなくなっていくと考えられます。